酪酸菌の効果とは?腸内フローラを整えてダイエットや疲労回復に

 

肌の露出も増えてくるこの時期。お腹周りが気になってダイエットをしたいなぁと思うことはありませんか。

 

いきなり運動をするのは誰でもキツイもの。
まずダイエットの準備として、痩せやすい体質を作る腸活をはじめてみませんか?

 

腸内フローラを整えることで体質改善につながる!

腸には100種100兆個以上の腸内細菌が住んでいます。
腸内細菌は食物を消化・吸収することにより、腸内環境を整えています。

 

たくさんの腸内細菌を花畑(フローラ)にみたてて、腸内フローラと呼ばれています。
腸内フローラには、ビフィズス菌や乳酸菌などの「善玉菌」と、有害な「悪玉菌」、良い作用や悪い作用を併せ持つ「日和見菌」といった微生物が住んでいます。

 

それぞれの菌の良いとされるバランスは、善玉菌2割、悪玉菌1割、日和見菌7割といわれています。

 

それぞれの菌が日々腸内フローラで闘っています。
この腸内フローラを整え善玉菌を増やし悪玉菌を減らすことで、痩せやすい体質へと改善することができます。

 

しかし、ストレス、食生活、加齢などによって、悪玉菌が優勢になり、腸内フローラのバランスが崩れることがあります。
腸内フローラを整えることが、私たちの体調の善し悪しにつながります。

 

また、腸内フローラを整えることで美肌に効果があります。

 

腸内フローラが不調だと体調も不調になる

 

肌は腸を映す鏡と言われています。
脳と腸はそれぞれの状況が影響しあうといわれています。

 

ストレスを感じたり、不安があると下痢をしてしまったり、逆に便秘になるなど、腸の動きが悪くなってしまうことがありませんか?

 

腸内環境のバランスを整えることが、大事なのです。

【症状】
口臭/体臭/おなら/便秘/下痢/肌荒れ/吹き出物

 

腸の不調で外に排出されなかった老廃物は腸内で腐敗しガスが発生します。
そのガスが肌から排出しようとすると、老廃物が肌の角質や皮脂と結びつき、肌荒れ・ニキビ・吹き出物となります。

 

また腸内フローラの「善玉菌」と「悪玉菌」のバランスが悪いとおならが出やすくなります。
悪玉菌が優勢で、分解しきれない老廃物が腸内で腐敗するとガスが発生します。
そのガスが、おならとして体外に排出されないと、その成分が血液に吸収され体臭や口臭として外にでます。

 

腸内フローラに良い習慣は?

肉類を食べすぎないこと。たんぱく質を分解するのは悪玉菌なので、肉類の多い食生活では悪玉菌が増えてしまいます。
しかし肉類を食べないとたんぱく質がとれません。たんぱく質が少なすぎても腸の筋肉が弱まってしまいます。
野菜など食物繊維もしっかりとり、食べ過ぎないようにしましょう。

 

腸内に細菌がいるのはなぜ?

腸内フローラの細菌のパターンは、ひとりひとり違います。
普段の食生活や生活環境も関係していますが、母親の腸内フローラの影響が大きいとされています。
赤ちゃんが生まれてくるときに、母親の産道にある腸内細菌に接触することで細菌をもらいます。

 

これが赤ちゃんの腸内フローラに入り、腸内細菌として増殖していきます。
腸内フローラの原型は3歳までにつくられるといわれています。
生まれたときに作られた腸内フローラのパターンは一生変わりません。

 

酪酸菌の効果で腸内フローラを整える

 

酪酸菌は、腸内の免疫力の向上やガン細胞の抑制などに効果があるのではないかと言われています。

 

酪酸菌の特徴は、短鎖脂肪酸を生成すること。

 

この短鎖脂肪酸は、摂取した脂肪の消費を促し、脂肪の蓄積を抑える成分です。
カルシウムなどのミネラルの吸収促進や、コレステロールの抑制するなど体の調子を整えます。

 

そのため、酪酸菌を増やすことで、短鎖脂肪酸を生成すれば、体調を整えることができるわけです。

 

脂肪と聞くと太ってしまうのでは?と勘違いしてしまいそうになりますが、それは間違いです。
短鎖脂肪酸は太りにくくしてくれるのです。
そこから、体質改善に酪酸菌が良いとされる所以です。

 

しかし、酪酸菌は腸内にいる菌の中でも割合が低いので、酪酸菌を増やすためのエサとなる食事(枝豆、玄米、冷めた白米など)を意識的にとるのがよいでしょう。

 

酪酸菌の定期摂取で痩せ体質に…

酪酸菌を定期的に摂ることで痩せ体質になる効果があります。
しかし、酪酸菌の効果はそれだけではありません。

 

腸内フローラに酪酸菌が多いと、アレルギー症状の緩和に効果があることがわかっています。
酪酸菌の効果は複数あり美容や健康に気を付けている方には欠かせません。

 

食べるのに太りにくい人というのは、腸内に酪酸菌などの痩せ菌が特別に多いことがあるそうです。
積極的に酪酸菌を摂取することが、痩せ体質への一歩となります。

 

酪酸菌が含まれる食品例

酪酸菌は、「ぬか漬け」から摂取することができます。
しかし、それだけを毎日食べ続けるのも大量に摂取するのもつらいですよね。

 

ぬか漬けから摂取することが望ましいですが、補助的に酪酸菌のサプリを摂取するとよいでしょう。
ぬか漬けには、野菜をそのまま食べるよりも栄養価がアップします。

 

酪酸をそのまま摂取することはできない

酪酸菌がぬか漬けからしか摂取できないのならば、酪酸をそのまま摂取すればいいのでは?と思う方もいるでしょう。酪酸は、お酢の仲間なのでそのまま摂取することは難しいのです。

 

酪酸菌を増やす方法

酪酸菌がぬか漬けからしか摂取できない、酪酸をそのまま摂取できない、どうすればいいんだ?と心配になりませんか?サプリメントを使わなくても、酪酸菌を増加させる食事をすれば、腸内で酪酸菌を増やすことができます。酪酸菌を増やすエサになるのは、水溶性食物繊維です。

 

酪酸菌の含まれるサプリメントで酪酸菌を増やす

例えば、ラクビのような酪酸菌サプリメントを摂取することにより腸内に酪酸菌を送り込む方法です。
商品情報はこちら
ラクビ公式サイト
口コミ情報はこちら
【拡散禁止】飲んでわかったラクビの嘘!悪い口コミも見ておくべき!

 

酪酸菌は水溶性食物繊維とともに摂取することで増える

水溶性食物繊維の例は下記の通り。
ゴボウ、タマネギ、キクイモ、リンゴ、バナナ、かんきつ類など。
酪酸菌は、水溶性食物繊維をエサに増殖します。そのため、ゴボウや玉ねぎなどの野菜を普段から意識して食べることがポイントです。酪酸菌はいくら多くても問題はありません。

 

酪酸菌はビフィズス菌と相性が良い

 

ビフィズス菌には酪酸菌の生成を促す作用があります。酪酸菌の効果をより強くするためには、ビフィズス菌と酪酸菌のバランスを整えることがポイントです。
ただし、酪酸菌とは違いビフィズス菌は熱や酸に弱いため、腸への到達率が低いです。そのため、食事の後に摂取するなどタイミングが重要です。ビフィズス菌を飲む前に食事をとっておくと、刺激を和らげるため、ビフィズス菌が腸へ届きやすくなります。
酪酸菌とビフィズス菌のバランスを整えることで、相乗効果が期待できます。

 

酪酸菌の副作用とは?

酪酸菌は医薬品ではないので、副作用ではありません。しかし、まれに便秘が悪化するといった場合があります。そのた、酪酸菌は食物繊維と一緒に摂取しましょう。

 

まとめ

酪酸菌の効果は、痩せやすい体質をつくってくれたり、肌の調子をよくしてくれるなど美容や健康に有効な菌です。日々の食生活を少し気を付けるだけで、ダイエットがしやすくなります。とはいえ、夜更かしするなど睡眠不足も腸内フローラに与える影響は少なくありません。生活環境についても注意が必要です。酪酸菌の摂取、増加に気を付けて腸内フローラの環境を整えてみてくださいね。